ペット供養 納骨ネットBLOG

この季節のペット外出時の注意事項おさらい

犬とのドライブ

もうすぐ7月、最高気温が30℃を超える真夏日も増えてまいりました。

新型コロナへの注意は行いつつ、この夏ペットと一緒に外出を考えていらっしゃる方もおられるのではないでしょうか。今回は夏場のペット(愛犬)とのドライブに関する注意喚起の記事がありましたのでご紹介いたします。

記事では愛犬とのお出かけに好ましい場所の選び方や車内温度、虫対策の用意などの気をつけるべきことが書かれています。

今回紹介するのは車関連Web雑誌のペット特集なので、それらしい記事の書き方がされていますが、役に立つ情報、復習しておくべき情報もありましたので、旅行を考える前に目を通しておくのも良いかもしれません。


多頭飼育崩壊による悲しいニュース

先日、北海道で非常にたくさんの猫たちが保護されたとのニュースがありました。

飼い主の管理能力の無さ・怠慢によって子供の数が増え、保健所や動物愛護団体に保護されるケースは少なくありませんが、このニュースほどの保護数は非常に珍しいとのこと。実際これを書いているスタッフも初めて聞く数です。

3月末に退去したという家族は家賃の滞納をしていたようで、おそらく家族は貧困状態に陥り、次第に飼い猫たちを管理する意欲も愛情も失われていったのではないかと推察されます。

ニュースの最後には、家の中で多数の猫たちが亡くなっていたことを思わせる一文があります。

単なる『飼い主の管理不足』では済まされない事態に、本当に心が締め付けられます。せめて天国では幸せに過ごしてほしい、心もお腹も満たされた毎日を送ってほしいと願わずにはいられません。

ペットの飼育では、食事・繁殖・健康管理・家族(人)との関わり方など、何時いかなる時も注意を怠ってはなりません。ペットを飼うのは『失ってはならない尊い命を預かる事』なのだと、ニュースを見た側である私達も今一度、心に刻まなければいけないのかもしれません。


パートナードッグタウン協会のスポンサーになりました

一般社団法人パートナードッグタウン協会

大阪の鶴見緑地にある一般社団法人パートナードッグタウン協会のスポンサーをさせて頂くことになりました。

当協会は「愛護団体と手を取り合い、居場所を失った犬たちの適正な飼い主への譲渡活動」「命の衝動買いをしない、ペットの防災、ワクチン接種や終生飼育の重要性等の命を飼う心構えの啓発活動」「支援者様向けドッグランの運営(募金制)」を主な取り組みとして行っています。

現在は新型コロナによる政府の緊急事態宣言のため、一時休業・会員登録一時休止していますが、活動時には様々な団体と協力して保護犬との出会いの支援やイベント開催をおこなっています。

活動内容の詳細につきましてはサイトにてご覧頂ければと思います。