ペット供養 納骨ネットBLOG

MBS毎日放送『よんチャンTV』内のコーナー『憤マン!』にて泰聖寺住職(当霊園代表)が堺市のペット火葬場の建設問題について取材を受け、その様子が2月14日(月)に放送されました。

『よんチャンTV 憤マン!』撮影風景

現在、大阪府堺市中区深阪地区にて「ペット火葬炉」の建設が、地域住民から理解の得られないまま進められており、住民が建設中止を求めて、地裁に申し立てている件で取材が行われており、その中でペット火葬場に関すること、地域の皆様の理解を得ながら業務を進める運営方法について、泰聖寺住職がインタビューを受けました。

※取材時、ペット告別式の様子も葬儀依頼者に協力を頂き、収録されました。

今回の取材内容は、MBS毎日放送『よんチャンTV』内のコーナー『憤マン!』にて2月14日(月)に放送されましたが、この件についての住職の意見は下記の通りです。

【泰聖寺住職(当霊園代表)の意見】

ペット火葬(焼却炉)の法的問題点について、寺院僧侶としての見解、仏の教えに基づき、命の平等について述べさせて頂きます。

ペット霊園や動物火葬施設は、ペットブームにより需要ニーズ(特に個別火葬、個別納骨)が増加していく予測ですが、ペットの墓地埋葬法や火葬の条例が無いので、法規制を進める必要性があります。

しかしながら、法整備を定め、条例を施行するには議会での承認に相当な時間がかかり、現在は自治体運営の霊園や斎場が各市区町村に無い為、民間の業者によるペット霊園や訪問火葬(移動火葬車対応)が行われています。

本来、公営の火葬場や運営母体が宗教法人格を有する寺院の霊園を利用するのが安心なのですが、そのような安心して任せることが出来る施設は非常に少ないので、民間業者にペット火葬を頼まざる得ないのです。

ただ、民間業者の場合は母体が不透明であったり、霊園倒産のリスク(枚方市の宝塔ペット霊園のような過去の事例)もあるので「ペットも家族の一員」と考えるなら、利用者は情報を収集し、どのように供養していくかしっかりと見極め、ペットも終焉活動をしていくことを泰聖寺は推進しております。

ペット供養は、仏教界の見解では賛否両論ありますが、法的に守られていないペットの為、泰聖寺では境内に動物火葬場を設置しており、お墓や納骨堂はペットと一緒に入ることが可能です。

法整備がなされていない事案でも、お寺には「仏法」と云う法律があります。常識・モラルと解釈し、道徳心の中で物事を見極め、思考行動すれば、本来は民事的に大きな問題にはならないはずです。

堺市西区の事例のようにマンション前に火葬施設を開設すると脅し、ペットを人の利益の道具に使う等々、決してあってはいけないことですし、民間業者がビジネスオンリー目的で供養事に携わることを不安視しています。

今回、堺市中区のペット火葬場設置に関しては、たとえ、法的にクリアしていたとしても、周辺住民の理解は必要ですので、住民説明会で建設目的や今後の方針をセルビス代表取締役が自ら説明し(なぜ深阪地区に建設するのか)、丁寧に誠意を持って対応して頂きたいと思います。 至心合掌

【追記】

放送された動画が公式サイトで掲載されています。ぜひご覧ください。


保護ねこの家さまの保護猫「タラオくん」の葬儀がライブ配信されました

昨年より動物保護団体「保護ねこの家」さまが所属する保護猫が亡くなられた際に、現場に来れない皆様もお別れができるようYOUTUBE上で配信をされておりますが、先日同団体でお世話になっていた保護猫「タラオくん」が亡くなり、皆様で最後の旅立ちを見守るべく、8日に葬儀の様子が配信されました。

 

葬儀前には、動画には含まれていませんがタラオくんの前で泣きながらお声がけをされている方も見受けられるなど、皆様に愛されていたことがよく分かる印象的な時間がありました。

火葬の際には、たくさんのお花や食べ物、遊んでいたオモチャが皆様の手でタラオくんのそばに並べられ、皆様に見守られながら最後のお別れとなりました。

なお、配信の映像にも少し映っておりますが、今回は「保護ねこの家」さまにご了承を頂いた上で、葬儀・火葬の様子がメディアに取材されています(MBS毎日放送よんチャンTV)。オンエア放送の内容は、後日改めてご連絡差し上げます。

========

ライブの様子はこれまでと同様、アーカイブが残されておりますので、当ペット霊園での葬儀の様子を知りたい方にもご参考になるかと思います。

ご関心のある方はご覧頂ければと存じます。


保護ねこの家さまの保護猫の葬儀がライブ配信されました

冬に保護猫の葬儀をYOUTUBE配信された「保護ねこの家」さまにて生活をしていた保護猫の「つばさちゃん」が先日亡くなり、つばさちゃんを知る方々で最後の旅立ちを見守るべく、5日に葬儀の様子がライブ配信されました。

 
※保護ねこの家さまでは日頃より保護猫の様子をライブ配信されており、ネット上を含め多くの人に知られ愛されていた保護猫である事を考慮し、葬儀のライブ配信を許可しております。

※当霊園では火葬・葬儀という特性上、通常はライブ配信を含む写真・動画撮影を許可しておりませんが、下記の3点から配信を許可致しております。

①平素より泰聖寺の檀信徒縁者様(利用者)であること
②撮影した動画(静止画含む)を当寺院と共有すること
③動物の保護活動をしている慈善団体であること

葬儀の配信では、皆様の悲しみですすり泣くお声や最後のお声がけ、火葬前にたくさんの食べ物を供えられた際の雰囲気、ライブ配信のチャット欄など、つばさちゃんが如何に愛された存在だったかが画面越しでも十二分に窺い知ることができました。

また最後には、供養塔の横に設置された「じっちゃん」「チャッピー」のプレートにも声掛けされていて、施設で過ごした猫たちが今も心の中で愛されていることが分かる一面も垣間見れました。

ライブの様子は前回と同様アーカイブが残されておりますので、当霊園での葬儀がどんなものかを知りたい方にもご参考になるかと思います。

ご関心のある方はご覧頂ければと存じます。


  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ