ペット供養 納骨ネットBLOG

動物供養塔への御供物に関する支援のご報告とお願い

お盆のお墓参り等、平素より動物供養塔(ペット供養共同墓)にご参拝頂きまして、誠にありがとうございます。

【御供物支援のご報告】

皆様よりお供え頂いた御供物は、一部を泰聖寺で世話をしている地域猫たちに与え、それ以外につきましては動物支援団体に寄付を行っております。

先日ストックフード支援NinnaNannaに物資を届けさせて頂きましたので、ご報告申し上げます。

【てんのうじペット霊園から御供物に関するお願い】

日頃より、皆様から沢山のペットフードを御供物として寄進頂いておりますが、封を開けた御供物やナマモノにつきましては、カラスや近くに住むタヌキが食べ散らかす為、参拝後は必ずお持ち帰りください。

動物供養塔にお供えのままご帰宅されませんよう、宜しくお願い申し上げます。合掌


この季節のペット外出時の注意事項おさらい

犬とのドライブ

もうすぐ7月、最高気温が30℃を超える真夏日も増えてまいりました。

新型コロナへの注意は行いつつ、この夏ペットと一緒に外出を考えていらっしゃる方もおられるのではないでしょうか。今回は夏場のペット(愛犬)とのドライブに関する注意喚起の記事がありましたのでご紹介いたします。

記事では愛犬とのお出かけに好ましい場所の選び方や車内温度、虫対策の用意などの気をつけるべきことが書かれています。

今回紹介するのは車関連Web雑誌のペット特集なので、それらしい記事の書き方がされていますが、役に立つ情報、復習しておくべき情報もありましたので、旅行を考える前に目を通しておくのも良いかもしれません。


多頭飼育崩壊による悲しいニュース

先日、北海道で非常にたくさんの猫たちが保護されたとのニュースがありました。

飼い主の管理能力の無さ・怠慢によって子供の数が増え、保健所や動物愛護団体に保護されるケースは少なくありませんが、このニュースほどの保護数は非常に珍しいとのこと。実際これを書いているスタッフも初めて聞く数です。

3月末に退去したという家族は家賃の滞納をしていたようで、おそらく家族は貧困状態に陥り、次第に飼い猫たちを管理する意欲も愛情も失われていったのではないかと推察されます。

ニュースの最後には、家の中で多数の猫たちが亡くなっていたことを思わせる一文があります。

単なる『飼い主の管理不足』では済まされない事態に、本当に心が締め付けられます。せめて天国では幸せに過ごしてほしい、心もお腹も満たされた毎日を送ってほしいと願わずにはいられません。

ペットの飼育では、食事・繁殖・健康管理・家族(人)との関わり方など、何時いかなる時も注意を怠ってはなりません。ペットを飼うのは『失ってはならない尊い命を預かる事』なのだと、ニュースを見た側である私達も今一度、心に刻まなければいけないのかもしれません。