ペット供養 納骨ネットBLOG

各自治体のペット火葬・納骨の状況について

Newsミント取材風景

先日、泰聖寺Webサイトでもお知らせ致しましたが、MBS毎日放送『Newsミント』の「真相R」にて、泰聖寺が運営する『てんのうじペット霊園』が紹介されました。

【特集】ペットの遺骨はどこに!?手を合わせていた場所に納められておらず…困惑する飼い主たち

この取材の後、当霊園代表(泰聖寺住職)は他の自治体のペット火葬の対応や納骨先とその開示状況につきまして、インターネットをはじめ大阪府下については現場まで向かうなど確認を進めております。

現在、特に現場での確認につきましては主要な市町村での確認にとどまっていますが、今回は主に皆様が目にできるネット上での開示状況・表記を中心に、現時点での所見につきまして代表よりお伝えいたします。

【泰聖寺住職の意見】

私が把握している大阪府下の動物火葬情報ですが、大阪市の場合は、ホームページ上に「動物の死体は動物専門の委託業者に引き渡し、委託先で合同焼却処理をしています。高温で処理するため、灰となって骨はほとんど残りません。わずかに残った灰は委託業者から埋め立て地に運ばれます。埋葬・ご供養を希望の場合は、民間の動物霊園等にご依頼ください」と記載されています。

堺市の場合は、動物指導センターに慰霊碑はありますが、遺骨は大阪湾の埋め立て地に運ばれます。箕面市は一体につき1000円で返骨可能、返骨しない場合は大阪湾の埋め立て地に運ばれます。 茨木市は5000円で返骨可能です。動物慰霊碑には遺骨はありません。収骨しないお骨の行先は不明です。高槻市は、約一万円で返骨も可能。

以上のように、各市行政によって料金や対応は違いますが、ホームページ上に説明書きがあります。河内長野市は「愛玩動物の処分」和泉市は「死獣処理」、八尾市東大阪市は「死体の処理」の記載が、どうしても物扱い(産廃ゴミ処分と同様)で説明不足を感じますし、堺市や茨木市では掲載ページが「ごみ」に分類されているのも、非常に配慮が足りないのだと感じます。 各市いずれも、動物(ペット)に対する考え方は、法的に産廃ゴミ扱いになっており、受け持つ部署は環境課なので仕方ありませんが、「ペットも家族の一員」と云う時代の流れの中で、火葬の実施方法、火葬後の説明書きを大阪市や箕面市くらいあっても良いかなと思います。

ペットも一緒に暮らした家族の一員であり、泰聖寺は人も動物も同じように「命の供養」をしているので、先日判明した河内長野市の対応には、不信感と憤りを感じますし、行政としての説明責任を果たして欲しいです。慰霊碑には、遺骨がアルナシの論点も重要ですが、そこにペットが眠っていると信じて参拝してきた方に対して、何年の何月から何月迄は、何処の委託業者が業務を行っていたか、千葉や静岡の寺院に本当に納骨されているのか、知る権利が市民にはあると思います。

ペットの死を通して供養心を育み、いつか必ず死を迎える自分の人生を見つめ直すのも、お墓参りの意味でありますので、安心して皆がお参りできる環境を作る為に、これからも寺院僧侶の役目を認識し、修行精進していきます。

合掌


令和元年秋季動物供養大祭(ペット供養祭)が開催されました。

先日、半年に一度の動物供養大祭(秋季)が執り行われました。今回も最終4部、15時の~法要と、動物供養塔にて行われた納骨総回向のレポートをお届け致します。

次回ご参加をお考えの皆様の参考となりましたら幸いです。

================

今回は当初、台風が通過するかどうか予測の難しい状況でしたが、日が近づくに連れ徐々に軌道からそれ、当日は影響なく無事開催となりました。

2019秋季ペット供養大祭1

2019秋季ペット供養大祭2

良いお天気の中、寺猫ちゃんはお墓の近くを行ったりきたり。

2019秋季ペット供養大祭3

2019秋季ペット供養大祭4

精悍な顔つきでお墓を見つめる寺猫ちゃんは何を想うのでしょうか。

2019秋季ペット供養大祭5

4部の開始時間が近づき、ご参加頂く皆様が受付に。

2019秋季ペット供養大祭6

受付にてご持参頂いた供養の品やお写真をお預かりし、本堂にお上がり頂きました。

2019秋季ペット供養大祭7

時間になり、泰聖寺住職が始まりの鐘を鳴らします。

2019秋季ペット供養大祭8

2019秋季ペット供養大祭9

皆様の前には本日納骨されるお骨や卒塔婆、供花、お写真、お供物などが設置される中、法要が始まりました。

2019秋季ペット供養大祭10

2019秋季ペット供養大祭11

読経中は生前のことを思い出したり、あるいはお墓に眠るペットに話しかけたりされる時間となったのではないかと思います。

2019秋季ペット供養大祭12

途中、スタッフより焼香のご案内があり、皆様には2列になって順に焼香を行って頂きました。

2019秋季ペット供養大祭13

2019秋季ペット供養大祭14

2019秋季ペット供養大祭15

お備え頂きましたお花は法要終了後にはお持ち帰り頂くことができ、袋もその場にてスタンバイしております。

2019秋季ペット供養大祭16

法要が終わり、その後の法話では先日テレビで特集され、住職もインタビューを受けた自治体が手掛けるペット納骨での問題についてお話がありました。

2019秋季ペット供養大祭17

2019秋季ペット供養大祭18

終了後は納骨総回向の準備のため本堂よりご退出頂き、スタッフは動物供養塔での総回向の準備に入ります。

2019秋季ペット供養大祭19

2019秋季ペット供養大祭20

2019秋季ペット供養大祭21

2019秋季ペット供養大祭22

2019秋季ペット供養大祭23

卒塔婆の設置はきっちり丁寧に美しく。

2019秋季ペット供養大祭24

総回向までの時間は、皆さん一旦当霊園から離れて時間を過ごされたり、供養塔で手を合わせられたり、各々の時間を過ごされました。

2019秋季ペット供養大祭25

2019秋季ペット供養大祭26

総回向の時間が近づき、受付が始まりました。

2019秋季ペット供養大祭27

2019秋季ペット供養大祭28

準備も整い、ご参加の皆様にはスタッフより総回向中の焼香などのご案内がされました。

2019秋季ペット供養大祭29

2019秋季ペット供養大祭30

2019秋季ペット供養大祭31

住職のご挨拶の後、総回向が始まりました。

2019秋季ペット供養大祭32

2019秋季ペット供養大祭33

2019秋季ペット供養大祭34

途中、スタッフからの誘導により焼香が始まりました。

2019秋季ペット供養大祭35

2019秋季ペット供養大祭36

総回向が終了すると供養塔後ろの扉が開かれ、納骨となります。納骨される方々にとって目に見える形としてはお別れとなる寂しい時間でもあり、スタッフから優しくお声がけをしながら、供養塔への納骨をおこなって頂きました。

2019秋季ペット供養大祭37

2019秋季ペット供養大祭40

総回向にご参加頂いた方へお供物が手渡され、終了となりました。お父さんお母さんと一緒に参加してくれたお子様にも住職からささやかな御礼が。

2019秋季ペット供養大祭38

2019秋季ペット供養大祭39

今回も皆様のご参加で多くのペットたちも喜んでいることと思います。またこのペット大祭に限らずいつでもお墓参りにお越しになってくださいませ。

2019秋季ペット供養大祭41


保護された動物への支援を行う団体について

泰聖寺の保護猫(寺猫)、ぶーにゃん
▲泰聖寺の保護猫(寺猫)、ぶーにゃん

皆様は人生で初めて動物を飼われた時のことを覚えていらっしゃいますか?

現在では多様な動物がペットとして飼われていますが、一昔前までは知人・友人・身内から譲り受ける形で犬や猫を飼い始めた方も多く、いつもそばにいてくれるその小さな家族は、唯一無二の存在としてその一生を全うするまで楽しく穏やかに過ごしていた事と思います。

いつの頃かペットを取り巻く環境はブームとともに激変し、血統書付きやメディアでもてはやされた動物を購入することが、ある種ステータスのようになり、由緒ある血統を持たない子、身体的なハンディキャップのある子、店頭で少しばかり愛情表現の足りない子たちは、選ばれなかったという理由で厳しい余生を強いられる事が増えました。

また、家族の生活の変化に伴い、今まで当たり前のように一緒にいた家族に突然捨てられ、保健所に保護されるようなケースも目立つようになりました。

それらが社会問題として取り上げられる中、捨てる神あれば拾う神ありといった言葉があるように、少しずつでもその悲しい現状を変えなければと、保護された動物たちに目を向け立ち上がる方や、新しいペットを保護動物の中から迎え入れようとお考えになる方も増えています。

今回は皆様にも、具体的にどこに訪れれば保護動物と出会えるのか知って頂けたらと思い、初めての方でも訪れやすいところ、保護活動に協力しやすいところをピックアップしてみました。

=============

◆◇保護動物たちが新たな家族を探す施設◇◆

●(各自治体)動物愛護管理センター
http://www.pref.osaka.lg.jp/doaicenter/doaicenter/ (大阪府動物愛護管理センター)

全国の自治体にある動物愛護センターでは、動物の譲渡会や育成サポート、社会貢献活動として企業と連携、イベントの開催など積極的に活動が行われており、ウェブサイトでは情報も頻繁に更新されています。ご興味のある方はぜひお近くの動物愛護センターの情報をチェックしてみてください。

●LIFE HOUSE(イオンペット)
https://www.aeonpet.com/lifehouse/ (PeTeMo)

イオン系列のイオンペットが全国10箇所以上で展開する、保護犬・保護猫と新たな家族をマッチングするサービス。関西ではイオンスタイル新茨木店別棟1階(大阪)とイオン明石ショッピングセンター5番街1階(兵庫)の2店舗があり、保護猫の取り扱いをされています(2019年9月現在)。

========

◆◇動物保護施設への支援サービス◇◆

●Amazon.co.jp動物保護施設支援プログラム
http://www.amazon.co.jp/animalshelter

動物保護施設で新しい飼い主を待ちながら生活する犬や猫を、Amazon.co.jpを通じて支援する取り組みです。

●ストックフード支援 | NinnaNanna小さな命のために
https://ninnananna.jp/foodshien/

当ペット霊園でも何度か支援させて頂いている、余ったペット用品・物資を支援するサイトです。

========

動物の譲渡を行う施設では、ご家庭での動物の飼育環境が整っているか等の審査がありますので、詳細は各事業者のウェブサイトをご覧頂くか、現地にてご相談ください。