ペット供養 納骨ネットBLOG

この季節はペットの熱中症にご注意を。

梅雨も明け、夏本番となってまいりましたが、この季節は人間だけでなくペットの熱中症にも気を配っていく必要があります。

具体的な対策方法は動物によっても変わるので、個別の事例は控えさせて頂きますが、皆様のペットに合った熱中症対策の情報を集めておきましょう。

見落としがちなポイントをいくつかご紹介いたします。

========

◆気温が比較的低い時間帯も注意

夏は湿気が高く体に熱がこもりやすいため、日中の暑い時間だけでなく、朝や夕方にも熱中症は起こりますので、忘れず意識しましょう。

◆屋内でも油断は禁物

熱中症は屋内で起こるケースが意外に多く、炎天下の散歩と違い、屋内ではつい油断しがちになります。屋外・屋内に関わらずペットの身体の高さで快適な環境づくりを心がけてあげてください。

◆年齢による代謝の違いも要注意

歳を重ね代謝の機能が衰えたり、生まれて間もなく代謝が未発達なペットは、熱中症になるリスクが上がります。より一層の注意をしてあげてください。

◆熱中症対策グッズをチェック

一部のペットは専門店に限らず、amazonなどの通販サイトでもペット用熱中症対策グッズが販売されています。まだ買ったことない方は一度チェックしてみてください。

◆いつでも新鮮で適温の水を飲めるように

人間と違い、動物は身体を冷やせる適温の水を自分で用意することができません。この時期はいつも以上に水分に気を配ってあげましょう。

◆熱中症は動物病院に行く前の応急処置が必須

もしペットがぐったりしていたり、体温が高いなど熱中症にかかったかもしれないと思ったら、できるだけ早く水分の補給と体温を下げるなどの応急処置をおこない、お近くの動物病院にご相談ください。

========

ペットが熱中症にかかることなく快適に夏を乗り切れるよう、事前に対策をお取り頂けましたら幸いです。


新しくペットを飼い始める前に考えておきたいこと

近年、家族の少人数化もあってペットのニーズが増し、多種多様な動物達が私達の生活に潤いをもたらせてくれるようになりました。

しかし反面、飼い主の生活環境の変化によりペットが捨てられるケースは依然として多く、悲しいニュースを見ることも少なくありません。

そこでペットを飼育を始めようと考えておられる方に、ペット霊園より飼い始める前に考えておいて欲しいことを書かせて頂きましたので、ご参考になればと思います。

◆かかる費用◆

動物を飼うと、当然ながら世話に費用がかかります。

食費はもちろん、動物の種類によっては自治体への登録、狂犬病や多種混合ワクチンなどの接種料(毎年)、不妊手術や病気の治療にかかる費用、そして亡くなったときの火葬納骨費用などがかかり、きちんとお金の面でもペットを支えていけるのか、計画を立てる必要があります。(各費用は自治体や依頼する機関・企業によって異なります)

◆飼い主の将来設計◆

将来、動物が飼えない住居に引っ越しする可能性について考える必要があります。

動物の健康志向も相まって、近年では動物の寿命も長くなっています。その間に世話をする私達の生活環境が変わることがあり、それに伴う転居先でペットが飼えず、ペットが捨てられてしまうケースが後を絶ちません。

飼おうとしている動物の寿命と自身の人生設計を照らし合わせ、悲しい事態にならないよう事前予測をおこなう必要があります。

◆住宅ルールの確認◆

今、住んでいるマンション等の規約を確認しましょう。

飼ってみた後で調べてみると動物不可だった、小さなペットだと大丈夫だと思っていたなど、ルールの認識不足によってペットを手放す事にならないよう、注意が必要です。

◆身内のアレルギー◆

家族に動物アレルギーはありませんか?

ペットといると体がかゆくなる事に飼い始めてから気づき、検査をするとアレルギーだったというケースもあります。事前に必ず病院で調べましょう。

◆飼育の方針◆

屋内・屋外を問わず放し飼いをしようと考えている家族はいませんか?

放し飼いは地域住民の怪我や、飼い主の望まぬ繁殖、通報による保健所での保護や処分など不幸な出来事に繋がります。皆が安心できる飼育環境を整えるために、計画をきちんと立て高い安全意識をもちましょう。

◆家族の役割◆

食事や散歩・しつけなど、誰が継続して(あるいは順番で)世話をするか、ペットを迎え入れる前に決めましょう。

世話をしていた家族の独立や旅行・病気・怪我など、世話ができなくなった途端にペットの飼育環境が悪化してしまわないよう計画を立てる必要があります。

◆迎える動物の入手方法◆

ペットショップで購入する前に、知人のペットの子供や保健所に保護された動物など、行き先に困っている子達を迎えてあげられないか、検討して頂ければと思います。

特に保護を受けている子達は、人に捨てられ悲しい思いをしてきた子も多く、救ってあげられないか、これからあなたの大きな愛情を存分に受けられる素晴らしい一生を、その子に送らせてあげる事はできないか、一度検討していただきたいと思います。


眼力稲荷大明神に新しい鳥居が奉納されました。

先日のゴールデンウィーク中、泰聖寺境内にある眼力稲荷大明神に新しい鳥居が奉納されました。

眼力稲荷大明神 鳥居奉納ワークショップ1

この鳥居はペット供養よりご縁が生まれたご夫妻から奉納のお申し出いただいたとの事で、泰聖寺住職でもある代表も、非常に有り難いことと感謝致しております。

なお、今回の鳥居の建立は全国的にも例がない一般参加型ワークショップとしておこなわれ、関係者・一般参加者の皆様共々、大変貴重な一日となりました。

眼力稲荷大明神 鳥居奉納ワークショップ2

眼力稲荷大明神 鳥居奉納ワークショップ3

眼力稲荷大明神 鳥居奉納ワークショップ4

眼力稲荷大明神 鳥居奉納ワークショップ5

眼力稲荷大明神 鳥居奉納ワークショップ6

眼力稲荷大明神 鳥居奉納ワークショップ7

組立は快晴で穏やかな気候のなか和気藹々とおこなわれ、およそ30分で完成。

皆様と祝詞の奏上(お寺ですので般若心経)をおこないワークショップは終了。

完成した鳥居の前で記念撮影を行いました。

眼力稲荷大明神 鳥居奉納ワークショップ8

眼力稲荷大明神 鳥居奉納ワークショップ9

ちなみに宮大工や歴史研究・大学講師などされている方々で構成されるワークショップ主宰者側も、大変良い鳥居ができたと大変喜ばれていたのが印象的でした。

午後からは引き続き鳥居に奉納する絵馬を作るワークショップを開催。

眼力稲荷大明神 鳥居奉納ワークショップ10

眼力稲荷大明神 鳥居奉納ワークショップ11

眼力稲荷大明神 鳥居奉納ワークショップ12

眼力稲荷大明神 鳥居奉納ワークショップ13

眼力稲荷大明神 鳥居奉納ワークショップ14

眼力稲荷大明神 鳥居奉納ワークショップ15

絵馬用の狐の絵見本をトレースしながら、各々のセンスで絵が加えられたユニークな絵馬が完成、鳥居に吊り下げ奉納されました。

眼力稲荷大明神 鳥居奉納ワークショップ16

鳥居の建立は令和最初の寺業としておこなわれましたが、同神社の祠の塗り直しも併せて行われ、新しい時代をより美しいお姿で迎えることができました。

先日の延命将軍地蔵尊と併せ、ペット供養塔の近くが昨年と比べ、かなり様変わりしております。

そういったところもお墓参りの際にお楽しみ頂けましたら幸いです。

ちなみに、眼力稲荷大明神の祠自体も塗装が施され、側面には新しく白蛇の絵が描かれております。

眼力稲荷大明神 鳥居奉納ワークショップ17

眼力稲荷大明神 鳥居奉納ワークショップ18

眼力稲荷大明神 鳥居奉納ワークショップ19

お墓参りの際にぜひお立ち寄りの上、ご覧頂ければと思います。