ペット供養 納骨ネットBLOG

皆様のペットを供養する月例法要を令和2年7月21日午後3時半よりおこないます。

ペット供養 - 令和2年7月

平素よりてんのうじペット霊園をご愛顧頂き、誠にありがとうございます。

7月21日午後3時半より、てんのうじペット霊園にて月例法要を行いますので、ご連絡申し上げます。

※出席をご検討なさる皆様に於かれましては、新型コロナの対策としてマスク着用など感染症予防に適した服装・格好にてお越しください。但し法要中は暑くなることが予想されますので、日傘や水分補給など熱中症対策も併せてお願いいたします。

=========================================

◆月例法要(永代供養経)

  • ・日時:  令和2年7月21日午後3時半より(受付は30分前より)
  • ・所要時間:およそ30分の読経供養(法話含む)
  • ・お持ち物:特にございません(お供物・供花の持込可)
  • ・費用:  焼香供養の参加は無料ですが、卒塔婆供養は3,000円
  • ・服装:  普段の服装にてお越しください
  • ・駐車場: 5台分程ございます(駐車場について
  • ・集合場所:動物供養塔前(受付は山門下または供養塔前にて行います)

※必ず前日までに事前予約をお願い致します。
※写真プレートや石霊標のご要望がございましたら、当日ご相談ください。
※21日以外に納骨をご希望でしたら、泰聖寺住職に日程時間帯を直接ご連絡(06ー6779ー9196)くださいませ。
※感染症の予防と暑さに十分配慮した服装・持ち物にてお越しください。

=========================================

月例法要は月に一度、納骨を済ませたペットに手を合わせ、泰聖寺僧侶の読経、お焼香と共に、ペットと過ごした時間に思いを馳せる法要です。

法要時にはスタッフから説明がございますので、初めてのご参加でも心配はございません。

皆様のご参加をお待ち致しております。

==================
 
◆法整備やサービスの充実でペット環境の改善が進んでいます◆

『ペットは家族』という認識が広がる中、これまでも飼育環境や亡くなった後の供養などペットを取り巻く環境の改善は絶えず行われてきましたが、最近でも新しい法整備の検討や細やかなサービスが誕生しています。

■ 飼育する動物数の制限

これまで業者等のペットの飼育上限数に明確な基準がなかったため「悪質業者に自治体がレッドカードを出しやすい明確な基準とする」ことを目指したということで、この法整備が先日ブログでも取り上げたような悲惨な事件の根絶に一役買ってくれればと願うばかりです。

■ペットを飼うお一人様の死後を考えたサービス

単身生活者の最大の心配事といえば、自分に死が訪れた後のこと。

おそらく単身生活者が増えていくであろう今後の最も重要な課題として、更に充実化が図られていく分野だろうと思いますが、大手の銀行では死後についての包括的な後処理に加え、ペットの譲渡も請け負ってくれるサービスを始めています。

死後のペット譲渡については、複数の企業や団体が取り組みを始めていますが、今後もますます安心してペットが飼える環境が整えば良いなと思います。



コメントは受け付けていません。