ペット供養 納骨ネットBLOG

皆様のペットを供養する月例法要を令和3年3月21日午後3時半よりおこないます。

令和3年3月 月例法要のお知らせ

平素よりてんのうじペット霊園をご愛顧頂き、誠にありがとうございます。

3月21日午後3時半より、てんのうじペット霊園にて月例法要を行いますので、ご連絡申し上げます。

尚、現在発令中の緊急事態宣言に伴い、月例法要(埋葬式)は下記の通り制限を設けての開催とさせて頂きます。

・密を避けるため、埋葬式のご参列は極力お控えください。
・ご参列の場合、1家族2名様までのご参列をお願い致します。

=========================================

◆月例法要(永代供養経)

  • ・日時:  令和3年3月21日午後3時半より(受付は30分前より)
  • ・所要時間:およそ20分の読経供養(法話含む)
  • ・お持ち物:特にございません(お供物・供花の持込可)
  • ・費用:  焼香供養の参加は無料ですが、卒塔婆供養は3,000円
  • ・服装:  普段の服装にてお越しください
  • ・駐車場: 5台分程ございます(駐車場について
  • ・集合場所:動物供養塔前(受付は山門下または供養塔前にて行います)

※必ず1週間前までにご予約をお願い致します(1週間以内の場合は、住職に直接ご相談(06ー6779ー9196)ください)。
※写真プレート(申込用紙)や石霊標(申込用紙)のご要望がございましたら、当日ご相談ください。
※21日以外に納骨をご希望でしたら、泰聖寺住職に日程時間帯を直接ご連絡(06ー6779ー9196)くださいませ。
※防寒・感染症予防に十分配慮した服装・持ち物にてお越しください。

==================

◆災害時の備えをペットにも

先日11日に東日本大震災から10年が経過し、メディアでも現在の復興の現状が伝えられるなど、コロナと並び大きく取り上げられましたが、震災当時はペットにまで配慮が行き届かなかった事例も多く、避難所に連れていけない、ご飯を与えに自宅に戻れない、そもそも避難後に生きていてくれているかも定かでないといった状況がありました。

今回はこれから先震災に遭ってしまった場合に備え、ペットについても色んなことを決めておきましょう準備しておきましょうという記事のご紹介です。

10年の区切りは私達の身の回りに加え、ペットとの避難についても見直していく良い機会となると思います。ぜひご一読ください。


先日放送された供血犬の特集のご紹介

今回は先日テレビで放送された献血用の血を供給するために存在する「供血犬」に関するお話です。

人間の場合、沢山の人の善意によって献血が行われ、大量の血を必要とする手術などにも対応できる状況が整っていますが、動物の場合はそうではありません。

人間と同じように、動物も大きな手術をする場合、どこからか血を用意する必要がありますが、特集に登場する犬「シロちゃん」は長い間その血を供給する「供血犬」の役目を担ってきました。

しかしこの「供血犬」、明確なルールが法律で設けられておらず、シロちゃんは劣悪な環境下でその重責を担っていたとのこと。

今回の特集ではそのシロちゃんの歩んだ人生(犬生)とともに、現状の問題点が投げかけられています。

ペットを飼う上で避けられない「病気」や「怪我」を治療する上で、供血自体はとても重要で必要な事ですが、その役割を特定の個体が担うのではなく、沢山の方々と動物たちの協力によって血の供給がなされ、提供側の負担が軽くなった上で、問題なく動物の医療が成立するような日が来る事を望むばかりです。

あまり日の目を浴びることのない大切な特集でしたので、ぜひご一読ください。


保護猫の葬儀の様子がライブ配信されました

先日、大阪にて猫の保護活動を行う「保護ねこの家」さまにて保護されていた猫の「じっちゃん」の葬儀が執り行われました。

こちらの団体では日頃より保護猫の様子をライブ配信されており、多くの人に知られ愛されていた保護猫ちゃんだった事から、当霊園での葬儀もライブ配信されることになりました。

※当霊園では火葬・葬儀という特性上、普段はライブ配信を含む、写真・動画撮影を許可しておりませんが、今回は下記の3点から配信を許可致しました。

①平素より泰聖寺の檀信徒縁者様(利用者)であること
②撮影した動画(静止画含む)を当寺院と共有すること
③動物の保護活動をしている慈善団体であること

当日は当霊園への参列や配信で多くの方に見守られながらの葬儀となりました。

スタッフも動画を確認させて頂きましたが、沢山の人に愛され、大切にされていたことが分かる葬儀だったように思いました。

今回のように保護され最期に温かく見送ってもらえる地域猫は少なく、不妊去勢手術も併せ、人と動物との共存について社会全体の意識向上に努めていかなければなりません。

ライブの様子はアーカイブが残されていますので、「じっちゃん」を知る方だけでなく、当霊園での葬儀がどんなものかを知りたい方にもご覧いただければと思います。