ペット供養 納骨ネットBLOG

皆様のペットを供養する月例法要を令和3年11月21日午後3時半よりおこないます。

令和3年11月 ペット供養月例法要のお知らせ

平素よりてんのうじペット霊園をご愛顧頂き、誠にありがとうございます。

11月21日午後3時半より、てんのうじペット霊園にて月例法要を行いますので、ご連絡申し上げます。

=========================================

◆月例法要(永代供養経)

  • ・日時:  令和3年11月21日午後3時半より(受付は30分前より)
  • ・所要時間:およそ20分の読経供養(法話含む)
  • ・お持ち物:特にございません(お供物・供花の持込可)
  • ・費用:  焼香供養の参加は無料ですが、卒塔婆供養は3,000円
  • ・服装:  普段の服装にてお越しください
  • ・駐車場: 5台分程ございます(駐車場について
  • ・集合場所:動物供養塔前(受付は山門下または供養塔前にて行います)

※月例法要へのご参列は必ず事前にご予約をお願い致しております。開催1週間以内の場合は、住職に直接ご相談(06ー6779ー9196)ください。

※写真プレート(申込用紙)や石霊標(申込用紙)のご要望がございましたら、当日ご相談ください。

※21日以外に納骨をご希望でしたら、泰聖寺住職に日程時間帯を直接ご連絡(06ー6779ー9196)くださいませ。

※防寒・雨・感染症予防に十分配慮した服装・持ち物にてお越しください。

==================

◆動物支援団体へお供物寄付のご報告

当ペット霊園にご参拝時にお供えいただいたお供物は泰聖寺で世話をしている地域猫たちの食料をはじめ、各種動物支援団体や公園管理機関がおこなう保護活動などへの寄付・サポートなどに充てさせていただくなど、多くの場で役立てられております。

月例法要にお供えされたお供物の一部
▲月例法要にお供えされたお供物の一部

先月、お供えいただいた物資を大阪城猫の会様ストックフード支援 NinnaNanna様にお送りさせて頂きましたのでご報告申し上げます。

 
【封を開けた御供物に関するお願い】

当ペット霊園の動物供養塔参拝時、開封された食べ物(フード)をお供えされる場合は、カラスやタヌキなどの野生動物に荒らされるのを防ぐため、参拝後はお持ち帰り頂きますようお願い申し上げます。

皆様から頂戴した開封されていないフードは、御供え箱に入れて頂きましたら、保護犬・保護猫に寄贈させて頂きます。

※生モノを御供箱に入れないでください。


皆様のペットを供養する月例法要を令和3年10月21日午後3時半よりおこないます。

令和3年10月 ペット供養月例法要のお知らせ

平素よりてんのうじペット霊園をご愛顧頂き、誠にありがとうございます。

10月21日午後3時半より、てんのうじペット霊園にて月例法要を行いますので、ご連絡申し上げます。

=========================================

◆月例法要(永代供養経)

  • ・日時:  令和3年10月21日午後3時半より(受付は30分前より)
  • ・所要時間:およそ20分の読経供養(法話含む)
  • ・お持ち物:特にございません(お供物・供花の持込可)
  • ・費用:  焼香供養の参加は無料ですが、卒塔婆供養は3,000円
  • ・服装:  普段の服装にてお越しください
  • ・駐車場: 5台分程ございます(駐車場について
  • ・集合場所:動物供養塔前(受付は山門下または供養塔前にて行います)

※月例法要へのご参列は必ず事前にご予約をお願い致しております。開催1週間以内の場合は、住職に直接ご相談(06ー6779ー9196)ください。

※写真プレート(申込用紙)や石霊標(申込用紙)のご要望がございましたら、当日ご相談ください。

※21日以外に納骨をご希望でしたら、泰聖寺住職に日程時間帯を直接ご連絡(06ー6779ー9196)くださいませ。

※雨・感染症予防に十分配慮した服装・持ち物にてお越しください。

==================

◆アメリカで話題なった投稿から考える日本のペット安楽死のお話

今回はペットの安楽死にまつわる記事をご紹介します。

>> 米国で犬を安楽死させるときに獣医が与えるチョコ「お別れのキス」が話題に。日本のペットの最後は?

先日アメリカの動物病院のfacebookにて、安楽死させることが決まった犬に『最後の晩餐』としてハーシーズのキスチョコを「お別れのキス」として与えるといった内容の投稿がなされ、ペットの安楽死を経験した愛犬家を中心に大きな反響があったとのこと。

※チョコレートは犬にとって好物なようですが、有害な食べ物ですので普段は与えるべきではありません。記事中で筆者は最後に好物を口にして安らかに眠ってもらおうという配慮だろうと推察しています。

この記事では、その話題を取り上げた上で日本のペット安楽死事情について、筆者(獣医師)の目線で事例を交えながら話されています。

今は元気でもいつかは亡くなるペットのため、少しだけ目を向けてみるのも必要なことかも知れません。一度ご一読いただければと思います。


秋季動物供養大祭中止のお知らせ

秋季動物供養大祭中止

平素よりてんのうじペット霊園をご利用頂き、誠にありがとうございます。

この度、例年春と秋に開催をしております動物供養大祭につきまして、新型コロナウイルスの感染防止の為、今回(秋季)も開催を見送らせていただくことになりました。

※毎月21日に行っております月例法要につきましては、10月も開催いたします。

動物供養大祭への参列を予定されていた皆様には大変申し訳ございませんが、ご理解の程、何卒宜しくお願い申し上げます。