ペット供養 納骨ネットBLOG

ペットと眠れる永代供養付き樹木葬【てんのうじ樹木葬庭苑墓地】が完成しました。

1月と3月ブログにて工事の状況をお知らせしていた、泰聖寺境内のペットも入れる樹木葬【てんのうじ樹木葬庭苑墓地】が完成し、8日に開眼供養が行われました。

> 大阪市の永代供養付き樹木葬【てんのうじ樹木葬庭苑墓地】

8日開眼供養前には晴天が広がり、晴れやかなスタート日和となりました。

この日は関係者をはじめ、併設された自然葬合祀墓に興味があって視察に来られた仏事関連サービスの方や、新進気鋭のWebメディアもお集まり頂き、泰聖寺本堂・てんのうじ樹木葬庭苑墓地入口にて開眼供養法要をおこないました。

ペットと眠れる永代供養付き樹木葬【てんのうじ樹木葬庭苑墓地】1

ペットと眠れる永代供養付き樹木葬【てんのうじ樹木葬庭苑墓地】2

ペットと眠れる永代供養付き樹木葬【てんのうじ樹木葬庭苑墓地】3

てんのうじ樹木葬庭苑墓地の特徴は、永代供養がついている点、年中いつでも美しい植物で彩られる点、単身の方も入れる1人用・夫婦やLGBTの方などパートナーと入れる2人用・ご家族で入れる4人用があり、全てのプランでペットも同じ空間で眠れる点などが挙げられます。

ペットと眠れる永代供養付き樹木葬【てんのうじ樹木葬庭苑墓地】4

ペットと眠れる永代供養付き樹木葬【てんのうじ樹木葬庭苑墓地】5

また、個別スペース使用期間終了後も自然葬合祀墓にて合祀するためいつまでも樹木の近くでお眠り頂けます。(いろんな場所にある樹木葬霊園も個人スペースには使用期間があるんです。ご存知でしたか?)

ペットと眠れる永代供養付き樹木葬【てんのうじ樹木葬庭苑墓地】6

近日中にてんのうじ樹木葬庭苑墓地のパンフレットも完成します。ぜひ見学にお越しくださいませ。

ペットと眠れる永代供養付き樹木葬【てんのうじ樹木葬庭苑墓地】7

6日に先行して行われた新聞やWebメディアの取材の様子。


ペットと入れる樹木葬庭苑が間もなく完成します!

ペットと入れる樹木葬庭苑の工事中1

4月完成予定のペットと入れる樹木葬庭苑も、着々と工事が進んでいます。今回は2月に撮影した工事中の様子をご紹介。

真冬ということもあり、工事中の景色はなかなか殺風景なんですが、完成予定の4月は気温も相応に暖かく、花や緑が芽吹き出す頃。とても綺麗な景色になるとスタッフも心待ちにしています。

ペットと入れる樹木葬庭苑の工事中2

改装のためこれまでの一部設備の取り壊し、できるだけ広いスペースを確保します。

ペットと入れる樹木葬庭苑の工事中3

お墓部分の埋め込み。左下の丸いスペースはお一人様用。樹木葬庭苑の中心を囲うように配置されています。

家族サイズと比べると少々コンパクトですが、もともと関西は一部のお骨を入れる文化のため、あまり大きなサイズは必要とせず、沢山の方に樹木葬の快適な空間でお眠り頂く設計をしています。

ペットと入れる樹木葬庭苑の工事中4

樹木葬の複数人用は、しっかりゆとりのあるサイズをご用意しています。もちろんペットも入れるスペースあり!

ペットと入れる樹木葬庭苑の工事中5

樹木葬の通路もできあがってきました。両脇はきれいな花でいっぱいになる予定です。

ペットと入れる樹木葬庭苑の工事中6

同時期に眼力稲荷も少々模様替え。夏になれば青々とした美しい緑が蘇る予定です。


泰聖寺にてペットと入れる樹木葬を建立中

日本各地でご要望の多い樹木葬ですが、只今てんのうじペット霊園のある泰聖寺の境内でも樹木葬庭苑墓地の工事が行われています。

樹木葬工事中の場面
▲写真は工事中の場面。ご協力頂いたご家族のお墓を移動中・・・

泰聖寺の新しい樹木葬は、人生を共に歩んだペット達と同じところで眠れることが最大の特徴。

境内にはペット専用の納骨塔がありますが、永眠する時はペットと一緒に眠りたいという希望を叶えるお墓になります。

現存する境内の施設を少し移動させながら、出来る限り、ゆったりとしたスペースを確保できるよう、工事が進められています。

お不動さん(不動明王)
▲お不動さん(不動明王)にも少しだけ動いて頂いて・・・

お不動さん2(不動明王)
▲視線は聖苑の方へ

お墓は、お一人で暮らすあなたの寂しさを埋めてくれたペットと共に眠れる「お1人とペットのお墓」、まるで夫婦の子どものように生きてくれたペットと共に眠れる「お2人とペットのお墓」、家族の一員として数々の癒やしをくれたペットと共に眠れる「ご家族(4人)とペットのお墓」を準備しています。

完成は2018年春(3月末)、開眼法要を4月上旬に執り行い、納骨が開始される予定です。

興味を持たれた方は完成前でも一度、泰聖寺住職に相談して頂ければと思います。

鬼瓦のある場所あたりを中心に墓石プレートが並びます。
▲この鬼瓦のある場所あたりを中心に墓石プレートが並びます。

樹木葬入り口
▲樹木葬庭苑墓地入り口予定地。