ペット供養 納骨ネットBLOG

この季節はペットの熱中症にご注意を。

梅雨も明け、夏本番となってまいりましたが、この季節は人間だけでなくペットの熱中症にも気を配っていく必要があります。

具体的な対策方法は動物によっても変わるので、個別の事例は控えさせて頂きますが、皆様のペットに合った熱中症対策の情報を集めておきましょう。

見落としがちなポイントをいくつかご紹介いたします。

========

◆気温が比較的低い時間帯も注意

夏は湿気が高く体に熱がこもりやすいため、日中の暑い時間だけでなく、朝や夕方にも熱中症は起こりますので、忘れず意識しましょう。

◆屋内でも油断は禁物

熱中症は屋内で起こるケースが意外に多く、炎天下の散歩と違い、屋内ではつい油断しがちになります。屋外・屋内に関わらずペットの身体の高さで快適な環境づくりを心がけてあげてください。

◆年齢による代謝の違いも要注意

歳を重ね代謝の機能が衰えたり、生まれて間もなく代謝が未発達なペットは、熱中症になるリスクが上がります。より一層の注意をしてあげてください。

◆熱中症対策グッズをチェック

一部のペットは専門店に限らず、amazonなどの通販サイトでもペット用熱中症対策グッズが販売されています。まだ買ったことない方は一度チェックしてみてください。

◆いつでも新鮮で適温の水を飲めるように

人間と違い、動物は身体を冷やせる適温の水を自分で用意することができません。この時期はいつも以上に水分に気を配ってあげましょう。

◆熱中症は動物病院に行く前の応急処置が必須

もしペットがぐったりしていたり、体温が高いなど熱中症にかかったかもしれないと思ったら、できるだけ早く水分の補給と体温を下げるなどの応急処置をおこない、お近くの動物病院にご相談ください。

========

ペットが熱中症にかかることなく快適に夏を乗り切れるよう、事前に対策をお取り頂けましたら幸いです。



コメントは受け付けていません。