ペット供養 納骨ネットBLOG

新しくペットを飼い始める前に考えておきたいこと

近年、家族の少人数化もあってペットのニーズが増し、多種多様な動物達が私達の生活に潤いをもたらせてくれるようになりました。

しかし反面、飼い主の生活環境の変化によりペットが捨てられるケースは依然として多く、悲しいニュースを見ることも少なくありません。

そこでペットを飼育を始めようと考えておられる方に、ペット霊園より飼い始める前に考えておいて欲しいことを書かせて頂きましたので、ご参考になればと思います。

◆かかる費用◆

動物を飼うと、当然ながら世話に費用がかかります。

食費はもちろん、動物の種類によっては自治体への登録、狂犬病や多種混合ワクチンなどの接種料(毎年)、不妊手術や病気の治療にかかる費用、そして亡くなったときの火葬納骨費用などがかかり、きちんとお金の面でもペットを支えていけるのか、計画を立てる必要があります。(各費用は自治体や依頼する機関・企業によって異なります)

◆飼い主の将来設計◆

将来、動物が飼えない住居に引っ越しする可能性について考える必要があります。

動物の健康志向も相まって、近年では動物の寿命も長くなっています。その間に世話をする私達の生活環境が変わることがあり、それに伴う転居先でペットが飼えず、ペットが捨てられてしまうケースが後を絶ちません。

飼おうとしている動物の寿命と自身の人生設計を照らし合わせ、悲しい事態にならないよう事前予測をおこなう必要があります。

◆住宅ルールの確認◆

今、住んでいるマンション等の規約を確認しましょう。

飼ってみた後で調べてみると動物不可だった、小さなペットだと大丈夫だと思っていたなど、ルールの認識不足によってペットを手放す事にならないよう、注意が必要です。

◆身内のアレルギー◆

家族に動物アレルギーはありませんか?

ペットといると体がかゆくなる事に飼い始めてから気づき、検査をするとアレルギーだったというケースもあります。事前に必ず病院で調べましょう。

◆飼育の方針◆

屋内・屋外を問わず放し飼いをしようと考えている家族はいませんか?

放し飼いは地域住民の怪我や、飼い主の望まぬ繁殖、通報による保健所での保護や処分など不幸な出来事に繋がります。皆が安心できる飼育環境を整えるために、計画をきちんと立て高い安全意識をもちましょう。

◆家族の役割◆

食事や散歩・しつけなど、誰が継続して(あるいは順番で)世話をするか、ペットを迎え入れる前に決めましょう。

世話をしていた家族の独立や旅行・病気・怪我など、世話ができなくなった途端にペットの飼育環境が悪化してしまわないよう計画を立てる必要があります。

◆迎える動物の入手方法◆

ペットショップで購入する前に、知人のペットの子供や保健所に保護された動物など、行き先に困っている子達を迎えてあげられないか、検討して頂ければと思います。

特に保護を受けている子達は、人に捨てられ悲しい思いをしてきた子も多く、救ってあげられないか、これからあなたの大きな愛情を存分に受けられる素晴らしい一生を、その子に送らせてあげる事はできないか、一度検討していただきたいと思います。



コメントは受け付けていません。